生活習慣病

生活習慣病について

生活習慣病は、いずれも“動脈硬化”を進め、脳卒中や心筋梗塞などの重大な血管障害を招きかねません。そうした事態を避けるためにも、早期に発見し、適切な治療を開始しましょう。また、循環器疾患のリスクとなる生活習慣病(高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高尿酸血症(痛風)など)にも対応いたします。

生活習慣病とは

生活習慣病には、糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)などがあります。いずれも、運動不足、過食、そして肥満といった“生活習慣”の不摂生が主な原因であり、そのために生活習慣病と呼ばれています。
生活習慣病は、一つ一つは軽症でも、いくつもの疾患が重なることが少なくありません。そして、重なることによって、各症状がひどくなったり、“動脈硬化”を進行させて脳卒中や心筋梗塞などの重大な疾患を引き起こしたりします。
ですので自覚症状が無くても、早めに生活習慣病を改善するための対策を講じましょう。
まずは生活習慣の改善、つまり「食事療法」と「運動療法」が中心になります。必要と判断された場合には、「薬物療法」も併用します。

院長
横山雅大
診療科目
内科、循環器内科
住所
〒260-0033
千葉県千葉市中央区春日2丁目13-3
アクセス
総武線「西千葉」駅 南口徒歩3分

043-241-0171

休診日:日曜、祝日
☆土曜日午後 14:30~17:00
診療時間 日祝
9:00-12:30
14:30-17:30